青年海外協力隊/大学生/野菜/野生/野性

今日は残りの人生の最初の日

山梨大学→京都大学大学院生 兼 青年海外協力隊29年度2次隊。フィリピンへ。人生ネタを書きます。

山梨からフィリピン青年海外協力隊へ22歳学生が飛び出す

こんにちは!
ブログはじめます!
大学に通う22歳 いっくん こと

生駒忠大です。

山梨の地方国公立大学で、環境科学(土壌や大気、水など)を専攻し、ただいま、卒論では水の浄化関係を書いております。

来年は、青年海外協力隊29年度2次隊として、フィリピンのパナイ島

f:id:yaseiyasaidanji:20161025151628p:plain

に派遣されることが決まりました!!

私の職種は、私の実家が有機農家であったこともあり野菜栽培です。フィリピンのパナイ島にある町役場の農業オフィスに配属されるようです。

 

実は、29年度1次隊として当初は合格していたのですが、隊次変更願を提出し、2次隊になりました。この、隊次の変更は原則認められていませんが、私の場合、大学院との兼ね合いで仕方なく、変更が受理されました!

 

 

大学で農学部に所属していたわけでも、特別にインターンをしていたわけでもありません。

それでも合格できるんです!

そうです、でも行ってから苦労する気満々です。笑

とりあえず、今回は有機農業を父親の元で幼少期から一緒にやってきた、その経験量を買われ、なんとか合格することができました(^^)

f:id:yaseiyasaidanji:20161025151031j:plain

学生時代、就職活動のようなものは協力隊しかしていません!

協力隊と同時に、他大学の大学院入試にも合格し、帰国後は京都の大学院で研究に没頭することになりそうです。まだ3年ほど先の話ですが。

大学院でも協力隊でやったことを絡めたテーマを調査しようと思っているので、両者は密接に繋がりを持っています。

実は、大学院と協力隊とを同時に受けるということは多くのメリットをもっていると考えています!

それが僕が両方の道において合格を得た秘訣なんです!


青年海外協力隊の秋募集は今現在もかかっています。悩まれている方は是非検討ください!)

www.jica.go.jp

 

 

協力隊の方々のブログは、今では検索すると数多くヒットします。

が、「学部卒」で行く方や、「野菜栽培」という職種で行く方の情報はなかなかヒットしません。(一部、かなり活動的な野菜栽培隊員さんはとてもヒットしました)

僕も出願する際、協力隊の試験や、準備、心構え等の情報を得ようと自分なりにもがきました。しかし、なかなか見当たらず、社会人経験積みの方々や、さらに職種は、誰でも専門性問わずに志願できる職種「青少年活動」、「コミュニティ開発」、「環境教育」が大部分を占めている印象でした。

(でも、もちろんそんな先輩方の発信してくれる情報は、判断材料になりましたし、随分と助けられました。)


そこで、

情報がないなら自分から発信するのも楽しそう!

ということで、かねてから少し気になっていた、“ブログを書くこと”を始めることにしました。

協力隊への活動に際して、

 

学生ならではの自分だからこそできること

 

と、社会での実務経験がない分、

 

甘さがあり、でも失敗への恐怖を知らず奮闘する自分

 

をここで晒すことで、前途に悩まされる学生の方々、それ以外の方々に少しでも参考になればと思います。
そして、私にとってもアウトプットの場を設けるということは、自分にインプットを強制することにもなるので、自分のためという面もあります!

 

今後のブログのコンテンツは以下のようにしようかなと「今は」思っています。

  • 青年海外協力隊(国際協力)を目指すまでとなるまで
  • 野菜栽培隊員としてのフィリピンでの活動内容
  • 学部生時代の諸活動
  • 大学院での研究内容(東南アジアの地域を環境生態学的に調査します)
  • その他個人的に考えたこと

 

まだ初心者ですので、見にくい読みにくい等あるかと思いますが、何かしらのきっかけになればと思って頑張ります(^^)